ピータッチキューブ☆もったいない余白を減らす!!テープ節約術!!

f:id:sutekimamalife:20180310235844j:image

出典:ブラザー公式HP

ピータッチキューブの口コミを見ると「テープの余白が多い!!」「テープがもったいない!!」という評価がチラホラ見受けられますφ(゚Д゚ )フムフム…

 

今回はそんなピータッチキューブの余白(テープ送り幅)をできる限り減らすテープ節約方法をご紹介します♡

 

 

 ピータッチキューブって何??

ピータッチキューブ(P-TOUCH CUBE)とはブラザーが展開するラベルライターです☆

その最大の特徴はスマホのアプリを使ってラベルシールを作ること!!

なのでピータッチキューブ本体にはキーボードがなく、スタイリッシュでコンパクトな形をしています^^

 

やはり使い慣れたスマホで隙間時間にラベル作りができるのはとても便利です☆

 

専用アプリで作ったラベルデザインはスマホのBluetooth機能でP-TOUCH CUBEに簡単に転送し印刷できます^^

 

専用アプリ(Brother P-touch Design&Print)のホーム画面はこんな感じです↓↓↓☆^^

あらかじめいくつかのテンプレートも準備されているので便利☆

デザインもオシャレで使いやすいです♪

f:id:sutekimamalife:20180228143618j:plain

 

テプラと余白の大きさを比較

まずはP-TOUCH CUBEとよく比較されるキングジム製のテプラと余白(テープ送り幅)の大きさを比較します(*・ω・)

  • 【P-TOUCH CUBE】前: 約2.5cm (PT-P300BTの場合)
  • 【テプラ】                前: 約1.0cm   (機種にもよる)

確かにP-TOUCH CUBEのほうが少し余白が大きいようです(><)

この余白(テープ送り幅)は残念ながらテープカットの構造上小さくすることは出来ません(><)

 

ではどのような方法でテープを節約することができるでしょうか?

 

連続印刷で余白を節約☆

私たち唯一できることは。。

「できるだけ多くのラベルをまとめて作成&印刷すること」です(`・ω・´)♪

 

言葉で説明するのは難しいのでこちらの画像をご覧下さい☆

②と③の方法でテープを節約することができます^^

(印刷設定の方法は後ほどご説明します^^)

 
f:id:sutekimamalife:20180312105603j:image

 

ラベルを1枚のみ印刷するとラベル前に2.5cmの余白ができてしまいます(><)

何も設定してないとラベル1枚ごとに2.5㎝の余白ができてしまい、かなりもったいないです(TT)

 

何部も印刷したいもの(名前シール等)は一度にたくさん印刷すれば2部目以降には余白がなくなります(ϋ)/☆

 

異なる内容のラベルも連続印刷が可能です♪

一度にたくさんの種類を印刷すれば2種類目以降には余白がなくなります(ϋ)/☆

まとめて色々な種類のラベルを作成しておいて一気に連続印刷☆またはデザインを作りながら連続印刷することもできます☆

 

【②の設定方法】部数をまとめて印刷するには

  1. 印刷したいデザインができたら「印刷」を押す
  2. 「部数」を自分の印刷したい枚数に変更する(1~99まで選択可能)
  3. 「印刷」へ進む
    f:id:sutekimamalife:20180311011043j:image

 

【③設定方法】異なる種類のラベルを連続印刷するには

  1. 印刷したいデザインができたら「印刷」を押す 
  2. 「カットオプション」を押す
  3. 「最後のラベルをカットする」を「オフ」にする
  4. 「印刷」へ進む
    f:id:sutekimamalife:20180312105745j:image

 

  1. 1.から4.を印刷したい数だけ繰り返す
  2. 最後のラベルを印刷するときは「最後のラベルをカットする」を「オン」に戻す
  3. 「印刷」へ進む
    f:id:sutekimamalife:20180311192141j:image

 

商品レビューに「余白が多い!!」と投稿されている方の中にはこの「カットオプション」の設定ができていない方もいるのではないでしょうかΣ(・ω・ノ)ノ

ラベル1枚ずつに2.5cmの余白(テープ送り)がでては悲しくなりますね。。。

 

みなさんもしっかり設定して、無駄のないラベル作りを楽しんでください♡♡