インテリア・雑貨

ピータッチキューブ全3種類の比較と口コミ!どっちがおすすめ?【P-TOUCH CUBE】

ピータッチキューブ全3種類の違いは?どっちがおすすめ?

 

ピータッチキューブ(P-TOUCH CUBE)はスマホで簡単にラベルシールが作れるラベルライターです。

ピータッチキューブは2020年発売の新作を含めて全部で3種類!

こちらの記事では、見た目もよく似ている3種類のピータッチキューブの特徴や機能を比較してまとめています。

 

ピータッチキューブ全3種類

  • PT-P300BT
  • PT-P710BT(2018年発売)
  • PT-P910BT(2020年発売の新作)
はなママ
ちなみにわが家は、一番旧型の【PT-P300BT】を使っています^^

ピータッチキューブ(P-TOUCH CUBE)とは?

ピータッチキューブ(P-TOUCH CUBE)は、ブラザー工業㈱が販売しているラベルライターです。

一辺11cm~15cmでコンパクトな手のひらサイズです。

 

そんなピータッチキューブの最大の特徴は、スマホアプリを使ってラベルシールが作成できるということ!

そのため、ピータッチキューブ本体にはキーボードがなくスタイリッシュな見た目です。

 

専用アプリで作ったラベルデザインは、スマホのBluetooth機能を使ってピータッチキューブに転送・印刷します。

はなママ
使い慣れたスマホを使ってラベルを作成できるのは、とても便利!

 

▼専用アプリ(Brother P-touch Design&Print)のホーム画面はこんな感じです。

f:id:sutekimamalife:20180228143618j:image

はなママ
テープを交換すれば、リボンや布シールにラベルをプリントすることもできます^^

 

ピータッチキューブ新作含む3種類を比較!どっちがおすすめ?

(引用:https://www.brother.co.jp/)

ピータッチキューブ(P-TOUCH CUBE)は、発売当初は1種類のみでしたが、

2018年に2号機の【PT-P710BT】が発売!

2020年に3号機の【PT-P910BT】が発売し、現在は全部で3種類になりました。

 

しかもこの3種類はモデルチェンジしたわけではなく、用途や目的に合わせて3種類とも平行した販売されていくようです。

3種類の違いを簡単に言うと「新作のピータッチキューブほど高性能で、その分高い」ということになります。

 

特に2020年に発売された新作の【PT-P910BT】は使える機能は多いですが、価格も3万円弱とかなり高額なので家庭用というよりはビジネス向けと言えると思います。

はなママ
自分が必要な機能を見極めて最適なピータッチキューブを選んでくださいね。

 

ピータッチキューブ3種類の違いと特徴

※右にスクロールできます

  価格
(参考:Amazon)
対応
テープ幅
解像度
(印刷の鮮明さ)
PC
接続
QRコード
印刷
テープ
カット
電源 その他
機能
飾り枠 フォント 購入 購入
PT-P300BT 約6,000円 最大12mm 180dpi 手動 乾電池6本 or 
ACアダプタ(別売)
61種類 アプリ内蔵(約30種類)
+スマホ内蔵フォント
Amazon 楽天市場
PT-P710BT
(2018年発売)
約12,000円 最大24mm 180dpi
360dpi
自動 充電式 61種類 アプリ内蔵(約30種類)
+スマホ内蔵フォント
Amazon 楽天市場
PT-P910BT
(2020年発売)
約28,000円 最大36mm 360dpi 自動 充電式 ・テキストスキャン
・翻訳機能
・ハーフカット機能
61種類 アプリ内蔵(約30種類)
+スマホ内蔵フォント
Amazon 楽天市場

 

はなママ
各項目について簡単に解説していきますね。

 

価格

PT-P300BT 約6,000円
PT-P710BT
(2018年発売)
約1,2000円
PT-P910BT
(2020年発売)
約2,8000円

 

3種類のピータッチキューブは、価格に大きな差があります。

新作の【PT-P910BT】は、家庭用ラベルライターにしてはかなりのお値段…

 

わが家は一番安い ピータッチキューブ【PT-P300BT】を使っていますが、子供の名前ラベルや収納整理に使うのなら十分の機能が備わっています^^

はなママ
2020年11月18日時点では3種類ともAmazonが最安値でした^^

※在庫少なめなものもありました。

 

対応テープ幅

PT-P300BT 3.5・6・9・12mm
PT-P710BT
(2018年発売)
3.5・6・9・12・18・24mm
PT-P910BT
(2020年発売)
3.5・6・9・12・18・24・36mm

 

こちらは、印刷できるテープ幅の一覧です。

2018年発売の【PT-P910BT】は、高さ2.4cmのテープまで。

新作の【PT-P910BT】は高さ3.6cmの広幅ラベルを作ることができます^^

24mm・3.6mmテープが使えると、宛名ラベル・商品ラベル・ロゴやイラスト印刷など、作れるラベルの幅がかなり広がります。

 

▼24mmテープ(画像+文字)でこんな可愛いラベルも!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

もっぷさん(@moppu____99)がシェアした投稿

▼ボトル収納もスッキリおしゃれ!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

暮らしを楽しむ家に整える · ̮̊·(@___ownhouse.nao)がシェアした投稿

▼テンプレートを使ってこんなデザインも簡単に!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

あっこ(@ak._.ko._.home)がシェアした投稿

 

家庭用でお洒落なデザインラベルを作りたい場合は、2018年発売のピータッチキューブ【PT-P710BT】(24mm幅対応)がいいかもしれませんね。

わが家が買ったときは、まだ【PT-P710BT】は未発売でした…

はなママ
お洒落なラベルをみると、わが家のピータッチキューブもグレードアップしたくなる…

 

▼家庭用でおしゃれなラベルを作りたいなら!

 

解像度(印刷の鮮明さ)

PT-P300BT 180dpi
PT-P710BT
(2018年発売)
スマホ印刷:180dpi
PC印刷 : 360dpi
PT-P910BT
(2020年発売)
360dpi

 

解像度の単位dpiは dots per inch(ドット・パー・インチ)の略で、1インチにどれだけ「ドット」が含まれているかを示しています。

つまり、ドット数が多いほど滑らかな仕上がりになるということになります。

2018年発売の【PT-P710BT】は、PCで作成したラベルのみ360dip。

新作の【PT-P910BT】は、スマホでも高画質な仕上がりです。

 

▼参考:旧作【PT-P300BT】で作ったラベル
(文字の印刷なら180dpiでも問題なし?)

f:id:sutekimamalife:20180228134253j:image

 

PC接続

(引用:https://www.brother.co.jp/)

PT-P300BT
PT-P710BT
(2018年発売)
PT-P910BT
(2020年発売)

 

2018年発売の【PT-P710BT】と新作【PT-P910BT】は、スマホでのラベル作成に加えてPCを使ったラベル作成ができます。

 

PCでのラベル作成では、

  • バーコード
  • PCフォント
  • 図・イラスト
  • カレンダー
  • 日付・時間
  • 画面スナップ

などを使って、スマホアプリよりも凝ったデザインのラベルが簡単に作成できます。

 

QRコード印刷

(引用:https://www.brother.co.jp/)

PT-P300BT
PT-P710BT
(2018年発売)
PT-P910BT
(2020年発売)

 

2018年発売の【PT-P710BT】と新作【PT-P910BT】は、QRコードを使ったシェアラベルの印刷ができます。

  • 家電に取扱説明書ページへのリンクを貼る(紙の取説はポイ!)
  • お店のサイトをQRコード化してPR
  • アルバムにQRコードで動画を添える(スマホ内画像はDropBoxを経由)

などいろいろ活用できます^^

 

テープカット

(引用:https://www.brother.co.jp/)

PT-P300BT 手動
PT-P710BT
(2018年発売)
自動
PT-P910BT
(2020年発売)
自動

 

2018年発売の【PT-P710BT】と新作【PT-P910BT】は、ラベルのオートカット機能が付いています。

連続印刷しても、1つずつラベルがカットされるので後からハサミで切り離す必要なし!

 

【PT-P300BT】の場合は、本体のカットボタンを押してラベルをカットします。

連続印刷の場合は、後から自分でラベルを切り離す必要あり。

(ハサミで切るとどうしても少し曲がってしまうのがやや残念なところです…)

 

電源

(引用:https://www.brother.co.jp/)

PT-P300BT 乾電池6本 or ACアダプタ接続(別売)
PT-P710BT
(2018年発売)
充電式
(Li-ion充電池)
PT-P910BT
(2020年発売)
充電式
(Li-ion充電池)

 

2018年発売の【PT-P710BT】と新作【PT-P910BT】は、付属のリチウム充電池を繰り返し充電して使えます

一方、【PT-P300BT】は、アルカリ乾電池6本か別売のACアダプタを購入する必要があります。

 

ただし、わが家は1年以上【PT-P300BT】を使っていますが、まだ電池を交換したことはありません。

結構長持ちします^^

 

その他【PT-P910BT】専用機能

【PT-P910BT】専用機能

  • テキストスキャン機能
  • 翻訳機能
  • ハーフカット機能

 

テキストスキャン機能


(引用:https://www.brother.co.jp/)

スマホカメラで撮影した画像内の文字をテキストデータに自動で変換してくれる機能です。

宛名ラベルの作成や、前に作ったラベルシールをもう一度作りたい時に便利!

 

翻訳機能


(引用:https://www.brother.co.jp/)

英語・中国語など100言語に対応。

日本語の下に他言語で訳を付けたラベルも簡単に作成できます。

 

ハーフカット機能


(引用:https://www.brother.co.jp/)

連続印刷をしたときに、シール部分だけにスリットを入れることができます。

何枚も作ったシールがバラバラにならず、簡単に1枚ずつ剥がせます。

はなママ
この機能は欲しい!

 

飾り枠・フォント

(引用:https://www.brother.co.jp/)

PT-P300BT 飾り枠:61種類
フォント:アプリ内蔵約30種類+スマホ内蔵フォントの使用可
PT-P710BT
(2018年発売)
飾り枠:61種類
フォント:アプリ内蔵約30種類+スマホ内蔵フォントの使用可
PT-P910BT
(2020年発売)
飾り枠:61種類
フォント:アプリ内蔵約30種類+スマホ内蔵フォントの使用可

 

飾り枠やフォントの種類はどのピータッチキューブも同じでした。

どれもピータッチキューブ本体ではなくアプリ内に入っているので、今後のアップデートで増えることも期待できます。

 

iOS専用のAnyfont (¥250)という外部アプリを使うと更にフォントが増やせるようです。

アンドロイドにも同じような機能のアプリあるのかな…

 

▼アプリ内の絵文字も多い!おしゃれで優秀です^^

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Mizuho.S(@mizu.pon.pon)がシェアした投稿

 

はなママ
お洒落なラベルを作りたい人は、ピータッチキューブおすすめです^^

▼安くて嬉しい!【PT-P300BT】

▼家庭用×デザイン性◎!【PT-P710BT】

▼プロ仕様!【PT-P910BT】

 

ピータッチキューブのテープの種類

(引用:https://www.brother.co.jp/)

ピータッチキューブは、対応テープの種類が多いのも魅力!

 

ピータッチキューブのテープ種類

  • ラミネートテープ
  • マットテープ
  • おしゃれテープ
  • 布テープ
  • リボンテープ(接着面なし)
  • キャラクターテープ(ディズニー・スヌーピー・キティなど)
  • マスキングテープ

 

最初に本体を購入すると、どのピータッチも2本のお試しテープが付いてきます^^

▼【PT-P300BT・PT-P710BT】に付属

  • ラミネートテープ(白地・黒文字)
  • おしゃれテープ(ゴールド)

▼【PT-P910BT】に付属

  • ラミネートテープ(クラフト地・黒文字)
  • ラミネートテープ(白地・黒文字)

 

わが家は、このお試しテープ2種類に

  • マットテープ(透明・黒字)
  • ラミネートテープ(黒地・白文字)

の2本を追加購入して使っています^^

 

純正テープだと1本700円~1000円くらい。

互換品だと3本まとめ買いで1500円くらいて売られていました^^

 

▼ピータッチキューブは、おしゃれなテープがいっぱい!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

髙見澤匠 Takumi Takamizawa(@takumi.takamizawa)がシェアした投稿

▼黒地+ゴールド文字でカフェ風ラベルも!(テンプレートあり)


(引用:https://www.brother.co.jp/) 

 

ピータッチキューブ【PT-P300BT】を口コミ!活用事例

わが家では、ピータッチキューブの一番安いタイプ【PT-P300BT】を2年近く使っています。

(私が買った直後に2号機が発売されました‥‥)

 

率直なピータッチキューブの口コミとしては、

  • 使い慣れたスマホでのラベル作成はラク!
  • 子供の名前シール作成には全く問題なし!
  • テンプレートが豊富で収納ラベルも簡単に作れる!
  • でも…今買うなら【PT-P710BT】

 

旧型の【PT-P300BT】は、名前ラベルや収納ラベルを作るにはとっても使いやすいです。

でも、せっかくおしゃれなラベルが作れるピータッチキューブを買うなら、24mmの広幅テープが使える【PT-P300BT】を買いたかったなと思っています。

 

はなママ
ここからはピータッチキューブ【PT-P300BT】で私が作成したラベルを紹介します。

▼私は4種類のテープを使ってラベルシールを作っています。

f:id:sutekimamalife:20180228134214j:image

  • ラミネートテープ(白地・黒文字)【お試しテープ】
  • おしゃれテープ(ゴールド)【お試しテープ】
  • マットテープ(透明・黒字)
  • ラミネートテープ(黒地・白文字)

(全て12mm幅)

 

冷蔵庫の整理に!

f:id:sutekimamalife:20180228134239j:image

使用テープ: ラミネートテープ(黒地・白文字)

よく使うものの場所を決めるだけで冷蔵庫がスッキリしました!

 

取扱説明書・保証書ファイリングに!

f:id:sutekimamalife:20180302105806j:image

使用テープ: マットテープ(透明・黒字)

コクヨの個別フォルダー(PP製)に見出しをつけています。

バラバラに保管されていた説明書や保証書がすっきり収納できました!

テープのマット感がGOOD!

 

▼詳しい書類の整理方法はこちら。

【書類整理】説明書や保証書をスッキリ収納!コクヨの個別フォルダーが大活躍

 

洗剤詰め替えボトルのラベリングに!

f:id:sutekimamalife:20180228134253j:image

使用テープ: ラミネートテープ(黒地・白文字)

セリアの洗剤ボトルのパッケージをはずしてラベリングしました。

 

収納ボックスの整理に!

f:id:sutekimamalife:20180228134317j:image

使用テープ: マットテープ(透明・黒字)

見た目もスッキリ!ラベリングのおかげで中に何が入っているのか一目瞭然です。

 

ビニール傘に名前を!

f:id:sutekimamalife:20180228134342j:image

使用テープ: おしゃれテープ(ゴールド)

間違えられやすいビニール傘も名前をつければ安心!

見た目もオシャレで気に入っています。

 

はなママ
皆さんもピータッチキューブで楽しいラベルシール作成を^^

▼安くて嬉しい!【PT-P300BT】

▼家庭用×デザイン性◎!【PT-P710BT】

▼プロ仕様!【PT-P910BT】

 

合わせて読みたい

-インテリア・雑貨
-

Copyright© 素敵ままらいふ! , 2020 All Rights Reserved.