インテリア・雑貨

どっちがいい?ピータッチキューブ新型(P710BT)と旧型(P300BT)を徹底比較!

更新日:

f:id:sutekimamalife:20180226231047j:image

アルパカまま
こんにちは!アルパカまま(@alpakamama2019)です。

 

ラベルライターの革命児!ピータッチキューブ(P-TOUCH CUBE)は、スマホで簡単にラベルシールが作れるラベルライターです。

 

ピータッチキューブいいかも!と思った方が最初に悩むのが、「ピータッチキューブは2種類あるけど、どっちがいいの?」ということではないでしょうか。見た目もそっくりなので迷ってしまうのは当たり前ですね。

 

こちらの記事では、ピータッチキューブの新型【PT-P710BT】と旧型【PT-P300BT】はどっちを選べばいいのかをテーマに、新型と旧型の機能の違いを徹底比較していきます!

 

SPONSORED LINK

ピータッチキューブ(P-TOUCH CUBE)って?

ピータッチキューブ(P-TOUCH CUBE)は、ブラザー工業㈱が販売しているラベルライターです。

最大の特徴は、スマホアプリを使ってラベルシールが作成できるということ!

そのため、ピータッチキューブ本体にはキーボードがなく、スタイリッシュでコンパクトな見た目になっています。

 

専用アプリで作ったラベルデザインは、スマホのBluetooth機能を使ってピータッチキューブに転送・印刷します。

 

アルパカまま
やはり、使い慣れたスマホを使ってラベルを作成できるのは、とても便利です!

 

▼専用アプリ(Brother P-touch Design&Print)のホーム画面はこんな感じです。

f:id:sutekimamalife:20180228143618j:image

 

テンプレートも充実しているので簡単にラベルシールを作ることができます。

デザインもお洒落で使いやすいです。

 

【2018年】新作ピータッチキューブが発売!どっちを選べばいい?

f:id:sutekimamalife:20180226231047j:image

2018年2月、ピータッチキューブに新型の【PT-P710BT】が登場しました。

旧型の【PT-P300BT】と比べ、よりデザイン性のある自分好みのラベルシールが作れるように改良されています。

 

ただ、ピータッチキューブは旧型【PT-P300BT】から新型【PT-P710BT】へモデルチェンジした訳ではなく、新旧2種類が並行して販売されるようになるのです。

新型のピータッチキューブは旧型の上位モデルという位置づけになります。

 

つまり、新型に追加された機能が自分に必要なのか、旧型の性能で十分なのかを、購入前にしっかりと比較する必要があるということですね。

 

新型【PT-P710BT】と旧型【PT-P300BT】の機能を徹底比較!

ここからは2つのピータッチキューブの機能の違いについて紹介していきます。

 

1. 対応テープ幅の違い

旧型【PT-P300BT】: 3.5mm, 6mm, 9mm ,12mm
新型【PT-P710BT】: 3.5mm,6mm,9mm,12mm, 18mm,24mm

 

新型は広幅の18mmと24mmテープに対応可能です。

 

▼広幅印刷ができる新型なら、こんなにお洒落なテープを作ることができますよ!f:id:sutekimamalife:20180228111511j:imagef:id:sutekimamalife:20180228111532j:image

 

2. テープカット機能の違い

旧型【PT-P300BT】: 手動
新型【PT-P710BT】: 自動

 

新型にはオートカット機能が搭載されました。

オートカット機能がない旧型は手動でカットボタンを押すことでテープを切ることができます。

 

私は、旧型のピータッチキューブを使っていますが、手動カットでも不便に感じたことはありません。

しかし、大量にテープを量産したい方はオートカット機能があった方がいいのかもしれません。

 

3. 電池の違い

旧型【PT-P300BT】: アルカリ単四電池6本(お試し電池付き)またはACアダプタ(別売)
新型【PT-P710BT】: 充電池(付属)

 

新型は充電式ですが、旧型はアルカリ乾電池が6本必要です。

 

公式サイトによれば、新品の電池であればテープ1個分(12m)は印刷できるということですが、やはり6本の電池を交換するのは不便ですね。。。

ACアダプタを購入して使うこともできますが、コンセントの近くでしか作業できないというデメリットがあります。

 

4. パソコン連携の可否

旧型【PT-P300BT】: X
新型【PT-P710BT】:

 

新型は、パソコンの専用ソフト(P-touch Editor)やエクセルを使って、より凝ったデザインのラベルを作成することができます。

f:id:sutekimamalife:20180324213104j:image

 

5. QRコードの作成の可否

旧型【PT-P300BT】: X
新型【PT-P710BT】:

 

新型は、QRコード(シェアラベル)をラベルシールに印刷することができます

 

家電などに取扱説明書を連携させたQRコードのラベルを貼っておけば、説明書を保管する必要なし!

子供のアルバムにQRコードで子供の動画を一緒に保存しておくことも可能です。

f:id:sutekimamalife:20180324173340j:image

参考:ブラザー公式HP

 

6. 価格の違い 

旧型【PT-P300BT】: 5,970円 
新型【PT-P710BT】: 12,650円

参考:2019年6月の「ぶんぐる楽天市場店」の価格

 

やはり価格は、機能の少ない旧型の方が安いですね。

 

アルパカまま
機能と価格の違いをよく理解して、自分に合ったピータッチを選びましょう!

 

旧型ピータッチキューブ

  • 広幅テープ不可
  • オートカット機能なし
  • 単三乾電池6本使用
  • パソコン連携不可
  • QRコード不可
  • 安い!

 

新型ピータッチキューブ

  • 広幅テープ対応!
  • オートカット機能あり!
  • 充電池
  • パソコン連携対応
  • QRコード対応
  • 高い

 

 

旧型ピータッチキューブで作成したラベルシールを紹介!

ここからは私が実際に旧型のピータッチキューブで作成したラベルを紹介します。

旧型でもお洒落なラベルシールを作ることができるので、どちらがいいか悩まれている方は参考にしてみてみてください。

 

▼私は4種類のテープを使ってラベルシールを作っています。

f:id:sutekimamalife:20180228134214j:image

  1. ラミネート/白テープ(つや消し)黒字/12mm幅【右下】
  2. ラミネート(おしゃれ)/サテンゴールド黒字/12mm幅【左上】
  3. ラミネート/黒テープ白字/12mm幅【左下】
  4. ラミネート(マット)/透明テープ黒字/12mm幅【右上】

※①②は本体購入時にサンプルとして付属していたものです

 

アルパカまま
それでは、作成したラベルシールを紹介していきます!

 

冷蔵庫整理に!

f:id:sutekimamalife:20180228134239j:image

使用テープ: ラミネート/黒テープ白字/12mm幅

よく使うものの場所を決めるだけで冷蔵庫がスッキリしました!

 

取扱説明書・保証書ファイリングに!

f:id:sutekimamalife:20180302105806j:image

使用テープ: ラミネート(マット)/透明テープ/黒字/12mm幅

コクヨの個別フォルダー(PP製)に見出しをつけています。

バラバラに保管されていた説明書や保証書がすっきり収納できました!

 

▼詳しい書類の整理方法はこちらの記事で紹介しています

関連記事
【書類整理】説明書や保証書をスッキリ収納!コクヨの個別フォルダーが大活躍☆

こんにちは☆ アラサー主婦のアルパカままです^^   みなさん家電などの取扱説明書や保証書はどうやって片付けていますか??   こんな風にに悩んではいませんか?? どうやって片付けていいか分からず説明 ...

続きを見る

 

洗剤詰め替えボトルのラベリングに!

f:id:sutekimamalife:20180228134253j:image

使用テープ: ラミネート/黒テープ白字/12mm幅

セリアの洗剤ボトルのパッケージをはずしてラベリングしました。

 

収納ボックスの整理に!

f:id:sutekimamalife:20180228134317j:image

使用テープ: ラミネート(マット)/透明テープ/黒字/12mm幅

見た目もスッキリ!ラベリングのおかげで中に何が入っているのか一目瞭然です。

 

ビニール傘に名前を!

f:id:sutekimamalife:20180228134342j:image

使用テープ: ラミネート(おしゃれ)/サテンゴールド黒字/12mm幅

間違えられやすいビニール傘も名前をつければ安心!

見た目もオシャレで気に入っています。

 

アルパカまま
皆さんもピータッチキューブで楽しいラベルシール作成を^^

 

旧型ピータッチキューブ

  • 広幅テープ不可
  • オートカット機能なし
  • 単三乾電池6本使用
  • パソコン連携不可
  • QRコード不可
  • 安い!

 

新型ピータッチキューブ

  • 広幅テープ対応!
  • オートカット機能あり!
  • 充電池
  • パソコン連携対応
  • QRコード対応
  • 高い

 

関連記事
ピータッチキューブは余白が多い?もったいない余白を減らすテープ節約術を紹介!

  通販サイトでピータッチキューブの口コミを見ていると、「テープの余白が多い!テープがもったいない!」という評価がチラホラあります。   こちらの記事では、ピータッチキューブの愛用 ...

続きを見る

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

-インテリア・雑貨
-

Copyright© 素敵ままらいふ! , 2019 All Rights Reserved.